社員インタビュー&トーク

社員インタビュー

トーク

エンジニアとしても
人としても、
頼られる存在になりたい

システム開発

松浦 茉莉奈

スペシャリスト志向
2018年入社

得意分野
Java開発
Question 01
ボールドに入社した理由を教えてください
就職活動を進める中では、ネットで情報を集めるだけでなく、志望する会社で働いている人たちと積極的に話すことを心がけていました。新卒入社は一度きりであり、その後のキャリアを左右すると言っても大げさではありません。慎重を期していたため、新しい会社を知るたびに「ここは大丈夫だろうか」と不安になることが多々ありました。そんな中で出会ったボールドの第一印象は、将来像や考え方がとても明確であるということです。全ての内容に共感できたことに加え、代表の言葉にも説得力がありました。直接顔を合わせて話を進める中で、「この人なら信頼できる」と確信したことをよく覚えています。
Question 02
入社後の仕事内容を教えてください
販売管理システムと顧客情報管理システムのJava開発に携わっており、ソースの設計や開発、テストなどを担当しています。私は幼少期からモノを作ることが好きで、その志向を社会人として活かしたいと考えていました。エンジニアという仕事はモノづくりが好きな私にピッタリであり、しかもボールドはいくつになっても現場で働き続けられるので、1社目にしてこれ以上ない会社に出会えたと感じています。
Question 03
一番お気に入りの制度は何ですか?
技術勉強会ですね。複数のカリキュラムの中から学びたい技術を半年かけてじっくり習得できる上、経験豊富な先輩社員が講師を務めているので、技術的なことはもちろん、現場のことも気軽に質問できます。勉強会では社員同士でサポートし合う機会もあるので、プロジェクトが全く違う人たちと交流を深められるのもメリットですね。勉強会に限らず、講師の先輩たちとはBOLDayや社内イベントで顔を合わせることが多いので、不明点をすぐに解消できるのも嬉しいポイントです。
Question 04
VALUEのひとつであるチャレンジを体現したエピソードを教えてください
自分のタスクであるソース改修において、先輩や現場のリーダーさえも分からないエラーを解決しなければならなかったことです。何をしても想定とは違う画面が表示され、苦戦する日々が続きました。何度も調査を行い、ここだと思う箇所に手を入れても解決に至らなかったのです。最終的にいちからソースを組み直すことを決め、ワンステップずつ動作を確認しながら改修を進めることで、想定通りの画面を表示させることができました。自分が解決すべき課題を自分の力でクリアできたことはいい経験になったと思います。
Question 05
今後ボールドでまっとうしたいことは何ですか?
今は先輩たちに教えていただく側ですが、今後は後輩たちに教える側になりたいと思っています。そのためには、技術的なレベルアップはもちろん、人として頼られる存在へと成長しなければなりません。同じ知識を教えるにしても、コミュニケーションの取り方や物事の教え方を知っているかどうかで、伝わる量や質は大きく変わります。先輩たちの立ち振る舞いを真似たり、感動大学に参加したりしながら、人間的にも成熟していきたいですね。

その他のメンバーインタビュー

Other Interviews

メンバー対談 / 座談会

Members Talk

ITエンジニア×担当営業対談

未経験入社から
講師になるまでの
足跡を辿る

ITエンジニア×専任コーチ対談

コーチがいることで、
尖ったエンジニア
になれる

世代別エンジニア座談会

世代を超えて生涯現役
エンジニアを目指す

生涯現役エンジニア
カンパニー

42 Tokyo に
協賛しています

サッカー元日本代表李忠成さんを応援しています
現職社員による会社評価 現職社員による会社評価