社員インタビュー&トーク

社員インタビュー

トーク

やらない後悔だけは
したくない

システム開発

首藤 祐司

スペシャリスト志向
2018年入社

得意分野
Question 01
ボールドに入社した理由を教えてください
エンジニアを目指したきっかけは、正直なところ明確にはありません。大学では林業を専攻していましたが、内容に興味を持てず、自分には合っていないとモヤモヤしていました。そんなときに興味を持ったのが、Javaのプログラミングです。学部の進路としては県庁への就職が一般的でしたが、やりたいことに目を背けて後から後悔したくありません。純粋に技術で勝負がしたいという思いもあったため、まずはエンジニアとして3年間挑戦してみようと決意したことが、IT業界を選んだ理由です。未経験からエンジニアになるというハンデを埋めるべく、当初は働きながら有料スクールに通う覚悟でしたが、ボールドは社内制度によって自己研鑽の環境が整っていたため、会社を選ぶ際に迷いはありませんでした。
Question 02
入社後の仕事内容を教えてください
大手Slerのプロジェクトに身を置いており、新しいビジネスモデルや開発プロセスを生み出すことがミッションです。プロジェクトの方針変更に応じて業務内容が変わるのですが、移り変わりの激しさも前向きに楽しめています。その中で印象に残っているのが、Low Code Platformという先端ツールの実機検証です。このツールは海外で普及していて、あまりコードを書かずにGUIの直感操作でシステムを作れることを強みとしています。一方、まだ日本では広がりを見せていません。実際にツールを使いながら「できること」「できないこと」を検証し、分からないことは代理店にヒアリングしながら資料にまとめています。その内容によってユーザビリティが左右されるので、やりがいは大きいですね。
Question 03
一番お気に入りの制度は何ですか?
コーチ制度です。1ヵ月に1回面談があり、半年ごとに立てている目標の進捗具合に対してフィードバックがもらえます。人間は誰しも弱い生き物であり、「頑張ろう」と瞬間的に思ったとしても、継続的に努力するのは難しいものです。その弱さをカバーするためにはモチベーションの管理が重要であり、コーチはまさにその役割を担ってくれています。成長度合いに応じてより高度なアドバイスが返ってくるため、面談のたびに「次も頑張ろう」と思えますし、私の成長を自分事のようにコーチが喜んでくれるのも励みになるんですよ。もはや自分の努力は、自分だけのものではなくなっています。
Question 04
VALUEのひとつであるチャレンジを体現したエピソードを教えてください
先に書きましたが、Low Code Platformは海外で普及しているツールのため、操作方法を調べる際にも知りたい情報がほとんどありません。あるとき、データベースから取得した値の抽出方法を調査していたのですが、1週間経ってもやり方が分からず、プレッシャーで押し潰されそうになっていたことを今でも覚えています。このツールはコーディング技術をあまり必要としませんが、少しでもヒントを得るためにJavaの基礎を勉強し、「こうするのはどうだろう」と何度も試行錯誤しました。すると、精神的に限界を迎える直前で、正しい方法論に辿り着くことができたのです。そのときに得られた出力結果の数字は「3」と「62」で、今では私のラッキーナンバーになっています。
Question 05
今後ボールドでまっとうしたいことは何ですか?
今は新しいビジネスモデルや開発プロセスを考案する上流工程に関わっていますが、もともとは技術で勝負するスペシャリストに憧れてIT業界を選びました。近い将来にシステムの開発にチャレンジしたいと考えていますが、現場レベルのコーディング技術は難易度が高く、机上の学習とはレベルがまるで異なります。開発の現場に入れるチャンスをしっかりと掴み取れるように、日々プログラミングの勉強を続けていきたいですね。やらない後悔だけは絶対にしたくないので、自分の目標にしっかりと照準を定めて、コツコツと努力を積み重ねていきたいと思っています。

その他のメンバーインタビュー

Other Interviews

メンバー対談 / 座談会

Members Talk

ITエンジニア×担当営業対談

未経験入社から
講師になるまでの
足跡を辿る

ITエンジニア×専任コーチ対談

コーチがいることで、
尖ったエンジニア
になれる

世代別エンジニア座談会

世代を超えて生涯現役
エンジニアを目指す

生涯現役エンジニア
カンパニー

42 Tokyo に
協賛しています

サッカー元日本代表李忠成さんを応援しています
現職社員による会社評価 現職社員による会社評価