社員インタビュー&トーク

社員インタビュー

トーク

営業の手厚い
サポートが、
エンジニアを輝かせる

サーバー

山川 陽寛

マネジメント志向
2018年入社

得意分野
インフラ保守・運用/マネジメント
Question 01
ボールドに入社した理由を教えてください
エンジニアと営業が二人三脚で歩んでいることに惹かれました。選考を進めていく中で特に印象的だったのが、「うちには優秀な営業しかいないから、安心して入社してほしい」と面接官が自信を持って伝えてくださったことです。エンジニアがクライアント先の担当者様に正しく評価していただくためには、窓口となる営業の存在が欠かせません。熱意とセールススキルを兼ね備えた営業が細やかにサポートしてくれる環境であれば、自分が理想とするキャリアを必ず実現できると確信しました。
Question 02
入社後の仕事内容を教えてください
最初のプロジェクトで担当したのは、サーバーの保守です。5名体制のチームに配属され、約1000名の人事異動に伴うアクティブディレクトリの運用にも関わりました。少人数で担当していたため、「いかに自動化や効率化を進められるか」という観点から知恵を絞りながら業務に打ち込んだことを覚えています。当時の経験は、現在担当しているミドルウェアとソフトウェアの保守やリプレース業務にも活かされていますよ。
Question 03
一番お気に入りの制度は何ですか?
ボールドは社内研修制度が充実しており、その中でも技術以外の分野で知見を深められる感動大学は特に素晴らしいと感じています。ビジネススキルだけに留まらず、働く上での心構えや考え方を学ぶメンタルスキル研修まであり、どの講座を受けようかついつい迷ってしまうほどです。感動大学に通う中では、自ら進んで学習する習慣も身につきました。感動大学で得たスキルや知識が評価に直結するのも見逃せないポイントですね。というのも、ボールドは絶対評価を取り入れているため、昇給や昇格の基準が明確なのです。評価に対する納得感があることは、前向きに働く上でとても大切だと感じています。
Question 04
VALUEのひとつであるチャレンジを体現したエピソードを教えてください
エンジニア未経験で入社したのですが、2社目でプロジェクトリーダーを任せていただけたのはとてもチャレンジングだったと思います。大企業向けの人事給与パッケージソフトを提供しているクライアント先に常駐し、ボールドのチームメンバー14名のマネジメントを担当しました。理想と現実の差に打ちのめされながら、試行錯誤を繰り返して少しずつギャップを埋めていく日々が続き、葛藤を感じたことも幾度となくあります。しかし最終的にはプロジェクトを成功に導くことができ、担当者様に「あなたにリーダーを任せてよかった」という言葉をいただけたときは、頑張ってよかったと喜びを嚙み締めました。
Question 05
今後ボールドでまっとうしたいことは何ですか?
現在のメイン業務としては、プロジェクトリーダーとしてメンバーの作業調整やフォローなどの管理全般に関わっています。今現場で学んでいることをベースにしつつ、プロジェクトマネージャーを目指して自己研鑽を続けていくことが当面の目標です。幸いにも、ボールドは感動大学やコーチ制度などの社内環境が整っています。こういった機会を活用し、技術とマインドの両面で成長していくことで、未経験からプロジェクトリーダーまで早期に育て上げてくれた会社に恩を返したいです。

その他のメンバーインタビュー

Other Interviews

メンバー対談 / 座談会

Members Talk

ITエンジニア×担当営業対談

未経験入社から
講師になるまでの
足跡を辿る

ITエンジニア×専任コーチ対談

コーチがいることで、
尖ったエンジニア
になれる

世代別エンジニア座談会

世代を超えて生涯現役
エンジニアを目指す

生涯現役エンジニア
カンパニー

42 Tokyo に
協賛しています

サッカー元日本代表李忠成さんを応援しています
現職社員による会社評価 現職社員による会社評価