社員インタビュー&トーク

社員インタビュー

トーク

成長を望む
全ての人に、
門戸が開かれる場所

システム開発

今村 彩祐美

スペシャリスト志向
2019年入社

得意分野
テスト/設計書作成
Question 01
ボールドに入社した理由を教えてください
前職はホテルスタッフとして働いていました。ITによる業務の効率化や自動チェックイン機の導入など、DX化によるホテル業界の変化を肌で感じる中で、ITの力や可能性に惹かれたことが転職のきっかけです。しかし、転職活動を進めるうちに自身のスキル不足を痛感するようになり、IT業界への転身を諦めかけたこともあります。未経験からチャレンジするのは、やはり難しいかもしれない。そう思い始めたときに出会ったのが、ボールドです。感動大学やコーチ制度をはじめ、技術力と人間力の両面から社員の成長をこれほどまでに支援している企業は、他に類を見ません。ここなら自分次第でスキルをどんどん高められると思い、エンジニアとしてスタートを切ることを決めました。
Question 02
入社後の仕事内容を教えてください
最初はガスシステムの保守に携わりました。保守以外にも、システムのオンライン化、バックエンドのテストや修正、本番稼働後のフォロー対応などを一貫して担当できたことはいい経験になったと思います。後半には、ささやかながら開発にも携わりました。自分が組んだプログラムが実際に動き、多くの人たちに使用してもらえる実感を味わえたのは嬉しかったですね。その次のプロジェクトでは、金融システムのテストに向けた概要や詳細、項目書などの作成を担当しました。そこで身につけたスキルを活かし、現在は証券システムの新規機能開発に向けた設計書作成を任されています。
Question 03
一番お気に入りの制度は何ですか?
コーチ制度です。コーチとの面談は目標管理や業務の相談がメインですが、対話を通じて課題やキャリアに対する理解度を深められることこそが最大の魅力だと感じています。経験豊かなコーチとの面談は、未経験入社の私にとって多くの学びを得られる大切な時間です。定期的に開催されているコーチ懇親会では、コーチが担当している他のメンバーも集まるので、プロジェクトが異なる人たちと交流を深めるいい機会になっています。仕事や資格などの話はもちろん、趣味の話題で盛り上がることも珍しくありません。
Question 04
VALUEのひとつであるチャレンジを体現したエピソードを教えてください
ガスシステムに携わっていた頃の話です。当時の私はテストを担当していましたが、テスト環境に関する知識もスキルも未熟でした。同じプロジェクトの先輩に「どうすればもっとチームに貢献できますか?」と相談したところ、テストの基礎が身に付く『JSTQB-Foundation Level』の資格を取得してはどうかというアドバイスを受けました。業務と学習を並行して進めるのは大変でしたが、必死に勉強に励んだ結果、無事試験に合格できたのです。概念や技法を学んだことで仕事への理解度も深まり、チームの戦力として認めていただけるようになりました。チャレンジが成長に結びつき、エンジニアとしての自信にもつながったエピソードとして印象に残っています。
Question 05
今後ボールドでまっとうしたいことは何ですか?
技術力と人間力の向上です。まず技術力については、業務に役立つ資格を多数取得し、深い知識を持ったエンジニアとしてプロジェクトに貢献したいと考えています。人間力については、さまざまな視点から自身を知り、足りないところを補うことで、奥行きのある人間になりたいです。感動大学ではマネジメントやビジネスなど、多岐にわたる学びを得られます。エンジニアとしてはもちろん、ひとりの人間として成長を続け、まわりに感動を与えられる存在になることが、ボールドで目指している姿です。

その他のメンバーインタビュー

Other Interviews

メンバー対談 / 座談会

Members Talk

ITエンジニア×担当営業対談

未経験入社から
講師になるまでの
足跡を辿る

ITエンジニア×専任コーチ対談

コーチがいることで、
尖ったエンジニア
になれる

世代別エンジニア座談会

世代を超えて生涯現役
エンジニアを目指す

生涯現役エンジニア
カンパニー

42 Tokyo に
協賛しています

サッカー元日本代表李忠成さんを応援しています
現職社員による会社評価 現職社員による会社評価