【SQL】LIKE句とは何か?具体的な使い方を解説!

【SQL】LIKE句とは何か?具体的な使い方を解説!

山下 雅也

開発エンジニア/エンジニア歴2年7ヶ月

LIKE句は、主に曖昧検索をするときに使います。

本記事では、LIKE句とは何かといったところからLIKE句を使った様々な具体的な検索方法について解説します。

tiktokの配信を見る

1.LIKE句とは

LIKE句は、主に曖昧検索を行う場合に使用するクエリです。SQLでLIKE句を使用すると、対象のカラムに対して文字列検索をかけることが出来ます。検索条件にワイルドカードを用いることで、○○を含む文字列を検索するというような処理が可能となります。

[補足] ワイルドカードとは

ワイルドカードとは、任意の文字列を指定するときに使う「%」や「_」などの特殊文字のことです。

%」と「_」それぞれの意味は次の通りとなります。

%」・・・0文字以上の任意の文字列

_」・・・任意の1文字


2.LIKE句を使った様々な検索方法

それでは実際にLIKE句を使った様々な検索方法について見ていきましょう。

2-1.前方一致検索

前方一致検索をする場合は、ワイルドカードを検索条件の最後に付けます。

例)usersテーブル内のuserカラムに入っているデータから「山○○」のようなデータを全て取得する場合

SELECT user FROM users WHERE user LIKE "山%";

 

2-2.後方一致検索

後方一致検索をする場合は、ワイルドカードを検索条件の最初に付けます。

例)usersテーブル内のuserカラムに入っているデータから「○○山」のようなデータを全て取得する場合

SELECT user FROM users WHERE user LIKE "%山";

2-3.部分一致検索

部分一致検索をする場合は、ワイルドカードを検索条件の前後に付けます。

例)usersテーブル内のuserカラムに入っているデータから「○○山○○」のようなデータを全て取得する場合

SELECT user FROM users WHERE user LIKE "%山%";

2-4.完全一致検索

完全一致検索をする場合は、ワイルドカードは検索条件に付けません。

例)usersテーブル内のuserカラムに入っているデータから「山」というデータを全て取得する場合

SELECT user FROM users WHERE user LIKE "山";

2-5.NOT LIKE(LIKEの否定形)

NOT LIKE句を使用することで、指定した文字列を含まないデータを取得することが出来ます。

例)usersテーブル内のuserカラムに入っているデータから「山」という文字列を含まないデータを全て取得する場合

SELECT user FROM users WHERE user NOT LIKE "%山%";

3.まとめ

以上、LIKE句とは何か、また、LIKE句を使った様々な検索方法について解説してきました。

特定の文字列を含む(あるいは含まない)データを検索する場合は是非使ってみてください。

私たちは、全てのエンジニアに市場価値を高め自身の望む理想のキャリアを歩んでいただきたいと考えています。もし、今あなたが転職を検討しているのであればこちらの記事をご一読ください。理想のキャリアを実現するためのヒントが見つかるはずです。

『技術力』と『人間力』を高め市場価値の高いエンジニアを目指しませんか?

私たちは「技術力」だけでなく「人間力」の向上をもって遙かに高い水準の成果を出し、関わる全ての人々に感動を与え続ける集団でありたいと考えています。

高い水準で仕事を進めていただくためにも、弊社では次のような環境を用意しています。

  • 定年までIT業界で働くためのスキル(技術力、人間力)が身につく支援
  • 「給与が上がらない」を解消する6ヶ月に1度の明確な人事評価制度
  • 平均残業時間17時間!毎週の稼動確認を徹底しているから実現できる働きやすい環境

現在、株式会社ボールドでは「キャリア採用」のエントリーを受付中です。

まずは以下のボタンより弊社の紹介をご覧いただき、あなたの望むキャリアビジョンをエントリーフォームより詳しくお聞かせください。

コメント

文系IT未経験歓迎!株式会社ボールドの 採用エントリー を受付中!
文系IT未経験歓迎!
株式会社ボールドの 採用エントリー を受付中!