Inteview雲林院英哉

システム開発

得意分野 : 要件定義、基本設計、PMO

マネジメント志向

2018年入社

  • ボールドに入社した理由を教えてください。

    成長することに貪欲で、かつ成長するために明確な取り組みしていること。それが成果として表れているのはとても素晴らしい。⇒最終面接の際に技術勉強会を見学させていただき、多くの社員が参加しているのをみてとてもすごいと正直に思いました。
    ②年齢に関係なく挑戦、成長する機会を与えてくれる会社だと感じたこと。
    ⇒入社後、希望していたポジションでアサインしていただき、会社の営業力もしっかりしていると思いました。

  • "ボールドの柱の1つとなる新しい事業の立ち上げと運営をしていきたい"

  • 入社してからのお仕事内容を教えて下さい。

    最初の案件はパッケージ製品のリニューアルプロジェクトのPMOでした。管理面が回っていなかったので、まず進捗管理、課題管理から始め、テスト計画立案、テスト実施なども担当しました。パッケージ完成、リリース後は営業と一緒にプリセールスとしてお客様への提案活動を行っていました。
    現在のプロジェクトは、ある企業の調達・購買業務の業務改革の一環として、調達・購買のクラウドサービスを導入・展開するプロジェクトに参画しています。作業内容としては、現場の方に業務をヒアリングして調達・購買のクラウドサービスで実現する業務フローとのFit&Gapを行い、Gap部分の解決方法について検討、提案を行っています。

  • ボールドの制度で一番のお気に入りは何ですか?

    感動大学とと専任コーチ制度
    ・感動大学は、1回2時間と短い時間ですが、内容が濃くかつとても実践的です。講師の方々もボールド用に内容をカスタマイズしてくださっており、一般的な内容だけではなく、すぐに現場で役立つことやボールドの理念に沿った内容を講義してくださるので満足度が高いです。また、同じ講座を繰り返し開催してくださるので、希望講座を受講するチャンスも増えますし、時間が経ってからまた受講することで、振り返り、再確認できるのがとてもいいと思っています。
     
    ・専任コーチ制度は、自分が目指すキャリアの経験をお持ちの方がアドバイスをくださるので、とても勉強になります。前職では自分が目指すキャリアを持っている上司、先輩もいませんでしたし、相談できる方もいませんでした。それが社内にいて、いつでも相談できる体制が整っているのはとてもすごいことです。 私を担当してくださるコーチは、経験豊富なだけでなく、最新の業界動向にも詳しいので勉強させていただくことがとても多いです。また、とてもフランクな方でよく飲みにもいきます。

  • これまでで一番困難だったこと、またそれをどう乗り越えたのか教えてください。

    ボールドに入社してからは今のところ困難なことはないのですが。。。
    過去には、必要なスキルセットを持つメンバーが集められないまま、開発案件を行ったことです。当然、スキルが足りないメンバーでの開発なので高稼働なプロジェクトでしたが、とにかくプロジェクト内の雰囲気がギスギスしたり、暗くなったりしないように心掛けました。幸い、メンバーに脱落者も出ず、サービスインには間に合わせることができました。

  • 今後どんなことにチャレンジしていきたいですか?

    ボールドの柱の1つとなる新しい事業の立ち上げと運営をしていきたいと思っています。具体的には、請負案件であったり、ボールドとしてサービスや製品を開発して、それに伴う提案活動(SI、コンサル)を行いたいと思います。また、社内での開発体制を構築、整備することで、各フェーズ、ロールを繰り返し経験できる場を提供したいと思っています。

  • 休みの日は、猫とゴロゴロしているか、ロードバイクに乗っています。