Inteview安隨良祐

システム開発

得意分野 : Terasoluna、VBS

マネジメント志向

2017年入社

  • ボールドに入社した理由を教えてください。

    クリアな評価制度が魅力的だった点と、会社を良くしていこうという雰囲気を強く感じた点です。
    私は「努力」するということが非常に苦手でした。社会人になるといいう事は、学生時代よりも自主的に努力し、自己研鑽し続けることが求められると考えています。その「努力」を「成果」も含めてしっかり評価しようという制度に感じられ、その姿勢に惹かれました。
    また、エンジニアになろうと考えた理由は、 常に新しい言語や技術が生まれる業界なので、いつまでも刺激を感じられると考えたからです。
    そしてその新しい技術などに対してしっかり自己研鑽を怠らないことで自己のスキルに直結し、より目指すべき社会人になれる環境があると考えたからです。

  • 入社してからのお仕事内容を教えて下さい。

    新卒として入社すると、まず本社で2ヶ月間の研修を受けます。
    その間に、社会人のマナー研修から始まり、ネットワークやJavaの基礎など一通り学び、その後に現場配属となります。
    私は電子決済システムの開発現場に配属されました。現場では要件定義から設計、テストとプロジェクト全体に関わるポジションで、
    担当案件の開発フローを最初か ら最後まで携わっています。
    また、現場に新しく入る新人の方へのサポート、教育を担当しており、日々様々な方向で勉強させていただいています。

  • ボールドの制度で一番のお気に入りは何ですか?

    専任コーチ制度です。
    ボールドの特徴である評価制度は、目標設定が個々人の自由である分、設定すること自体が難しく、方策を練るこ とも容易ではありません。
    そこで、専任のコーチに相談することで、自分がやりたいことをどう目標として設定し、どう実現していくかという事をじっくり話し合って形にすることができます。
    また、技術的な問題以外の様々な困難が発生したとき、人生経験の豊富なコーチに相談することで、
    解決方法や考え方などを一緒になって考えていただける制度でもあるので、いつも助かっています。

  • これまでで一番困難だったこと、またそれをどう乗り越えたのか教えてください。

    社会人2年目のタイミングで、現場にボールドの新卒の後輩が配属されました。
    その方の教育、業務サポートを担当することとなったのですが、徐々に後輩のモチベーションが低下してしまいました。
    それまでは、自分は後輩のサポートや教育に根拠のない自信を持っていたために非常にショックでした。
    モチベーション向上の為にサポートにかける時間を増やし、業務理解を手助けしたのですがなかなか改善できず、自分だけでは解 決できない状態にまで陥ってしまいました。
    そこで、専任コーチ制度を活用して、日ごろから私の性格などを把握していただいているコーチと具体的な解決手段を一緒になって考えていただき、実施した結果、後輩のモチベーションを上昇させることに成功し、チームとしての生産性を高めることができました。

  • 今後どんなことにチャレンジしていきたいですか?

    ボールドにはリーダー制度という、立候補制の役職があります。
    入社した時に絶対にリーダーになると決めていましたので、まずは技術的なスキルを習得し、現場で活躍できる人材となることを目指し、その過程で自身の会社への貢献度を高め、リーダーになるこ とにチャレンジしていきたいです。また、ボールドが新卒を多く採用するようになったのは最近のことなのですが、その1期生が私の代にあたります。新卒として採用された立場からみると、新卒へのサポートや、社内制度、取り組みに関してはまだまだ改善の余地があると感じており、実体験として経験した私達世代が環境を改善していく義務があると考えているので、主体的に行動、提案することで
    よりよい環境を作り上げていくことにチャレンジしています。

  • 資格試験の勉強を継続的に行いつつ(少しずつですが...)夜は会社の同僚や上司、友人とお酒を飲みながら楽しく過ごすことが多いです。
    今の現場はライフワークバランスが取れているので、充実した毎日を過ごすことがで きています。
    社会人になったばかりの時は、現在のことや将来の事など、色々な悩みがたくさんできてしまったのですが、ボールド社員の方々はおせっかいかな?と感じてしまうことがあるほど親身になってくださるので、お酒の場でプライベートな話を含めて色々と相談させていただきました。
    ボールドは部活動や会社イベントなどの自主参加イベントが充実しており、同じ会社の方々と親交を深めるイベントが多くあるので、今でも定期的に参加しています。写真はいつもお世話になっている横尾コーチとの一コマです!