Inteview田中八恵

システム開発

得意分野 :

マネジメント志向

システム開発

2015年入社

  • ボールドに入社した理由を教えてください。

    企業理念「感動Ship」と行動指針『感動人間力10ヶ条』に惹かれ入社したいと思いました。ボールドに入社前は、中学校に常駐してICT支援員をやっていました。きっかけは、.comMasterの資格を取ったことです。それまでは、ITとはほぼ無関係の不動産の事務などをやっていました。ICT支援員の仕事は授業中同じ教室に入り、PCや電子機器を使用する授業(全教科)に不具合が起こったときの対応や、デジタル教科書の使い方のレクチャ、PCの保守などでしたがベンダーの方と一緒に少しサーバー周りも触ったりするうちにもう少し深くIT系の仕事をやってみたいと思うようになり一番共感した、ボールドに入社いたしました。

  • 入社してからのお仕事内容を教えて下さい。

    DB移行作業(ワークフロー設計、開発):ノーツからsmartDBへ移行。画面設計。内部ワークフロー処理、他。
    基盤更改案件(管理、運用/保守):開発チームとプロパーの業務調整、他。社内ヘルプデスク(PC保守、ソフト管理):PCキッティング、officeのインストール管理。ソフトの使用方法ののレクチャ、他。電子機器保守事務(資産管理業務):ACCESSの分析、損保企業内全国分棚卸し修理機受付、検品、他。開発(要件定義、ワークフロー設計、開発):政府案件、上流工程、自動化ツール作成、他。

  • ボールドの制度で一番のお気に入りは何ですか?

    月一度の帰社日(BOLDay)です。最初は、開始時間も遅いし帰る時間も遅くなるし、面倒くさいなと思うこともありましたが(笑)、勉強会、サークルや部活動に参加することにより段々顔見知りが増えてきた為、BOLDayの懇談会では普段は会えない会社の仲間とご飯を食べながら顔を見てお話をするのことが楽しく、閉会時間ギリギリまでいる程今ではお気に入りです!また、BOLDayで行うリーダーのセキュリティ研修や外部講師によるワークショップ、様々なジャンルのゲストを呼んでの講演会、澤田社長の想いなども聴くことができ毎月学びや刺激をもらえるので毎回参加して良かったと思えます。

  • これまでで一番困難だったこと、またそれをどう乗り越えたのか教えてください。

    一番困難だったことは、やはりIT業界の言葉を知らないことでした。周りで話していることが日本語なのに宇宙語状態(涙)。ボールドに入って最初にアサインされた現場は開発。「本番環境ってなに?検証環境ってなに?ワークフロー?Xmlで画面を作る?」な状態でした。周りの方が普通に話しているのを、とにかくメモして、トイレで調べて(笑)でもわからないところは、恐る恐る聞くという感じでした。幸い周りの方に恵まれて、私の経験をわかった上で教えていただくこともできコミュニケーションの大切さを学びました。結果としてもちろん私の力だけではないですがその企業内でプロジェクト賞をとり成功事例としてサイトに記載されています。

  • 今後どんなことにチャレンジしていきたいですか?

    現場に出るたびにまだまだ、自分が学ばないといけないことが多いと痛感しています。ボールドは無償で様々な勉強ができる機会の場を提供してくれているので、色々な勉強会(社員が自主的に講師をしている技術勉強会)や感動大学(外部講師による講座)に出席したり、Schoo(インターネット上の動画をみながら勉強できるサイト)をみて会社や顧客、自分のために学び続けて行きたいです。また、学んだことを他の社員に還元するスパイラルを作っていけたらと思います。

  • 業務で一区切りついたり、ちょっと色々煮詰まったときに「自分にご褒美」「または、パワーチャージ」という名目でよくケーキを食べに行ってます。一人でカフェにいって、ぼーっとしたり、本を読んだり、資格の勉強をしたり、友達とおしゃべりしながらお茶したりと気分で分けています。写真は、二子玉川園にあるバームクーヘンのお店に初めてアフタヌーンティーセットを友達と食べに行った時のものです。バウムクーヘン専門のカフェは珍しいようです。ボリュームもあって美味しいのでおすすめです。最近の悩みはケーキを食べる頻度が増えてきて、体重が順調に右肩上がりになっていること。「自分にご褒美」したら「運動」を・・・しないとですね。