Inteview大石英人

システム開発

得意分野 : Java、データベース一般(Oracle、SQL Server等)、システムアーキテクチャ

スペシャリスト志向

2017年入社

  • ボールドに入社した理由を教えてください。

    ボールドが企業としてありたい姿、すなわち「少子高齢化が進む社会に貢献したい!!」という姿勢に共感したからです。エンジニアが生涯働ける環境を提供すること、そのために必要なエンジニア自身の成長を実現することに、ボールドは本気で取り組んでいると感じました。私はエンジニアとしては比較的高齢ですが、転職時に希望していたのは、できるなら年相応の管理業務中心ではなく、一人の現役エンジニアとして現場にいたい…でした。ボールドはそんな私の希望にぴったりマッチしました。この会社ならば、定年まで現場で現役エンジニアとして働きつつ、私の経験を若い世代に伝えられるのではないか、と思ったのです。

  • "一人の現役エンジニアとして現場にいたい"

  • 入社してからのお仕事内容を教えて下さい。

    参加案件ではリーダー的役割を担いつつ、自分でも手を動かしてソースコードを含めたアウトプットを作っています。ボールド入社後は、製造業(自動車)、金融業(銀行)を経て、現在は建設現場向けの業務改善システムを構築するプロジェクトへ参加しています。現在のシステムでは、クラウド(Microsoft Azure)を活用したシステムのアーキテクトの役割も兼任しており、日々勉強中です。現場では、アウトプットのレビューを通じて、より良い設計、より良いソースコードの書き方、人に伝わるテスト結果の作り方などを広めようとしています。

  • ボールドの制度で一番のお気に入りは何ですか?

    一番は感動大学ですが、コーチ制度も良いので迷いますね。面談で感動大学のお話を伺った時は信じられませんでした。前職では、教育は原則として「申請して受けさせてもらうもの」であり、「成長するにはこれを受けるべきだ!!」と会社が積極的に用意してくれるものではなかったからです。感動大学には多大なコストがかかるでしょうから、会社の意気込みと本気さを感じます。コーチ制度は、成長したい意思を持つエンジニアにとって、大変心強い制度です。コーチは人生の先輩であり、頼れる兄貴・姉貴的な存在です。コーチはエンジニアが自分で決めたことの実現に向けて寄り添ってくれるので、孤立しがちなSESのエンジニアには欠かせません。

  • これまでで一番困難だったこと、またそれをどう乗り越えたのか教えてください。

    ボールド入社後の業務で一番困難だったのは、要件定義フェーズでのユーザ様との要件確定にまつわる作業です。システム構築の実作業は、納期からは遅くてもこの日にスタートが必須、でも要件の確定は遅々として進まない。そんな状況に、派遣先企業様のPM・PLと一緒に追い込まれました。その際は色々考え、手を打ちました。このシステムで絶対に実現すべき要件の絞込みや要件のバーター取引、工程上で何が後回しや次フェーズへ回せるのか、システムアーキテクチャを簡易化しての日程短縮など。最終的には、ユーザ様の意思決定者から方針変更を引き出せたのでどうにかなりましたが、私のプロジェクト管理スキルの甘さが大変身に染みました。

  • 今後どんなことにチャレンジしていきたいですか?

    もういい年になってしまった自分ですが、これからスキルをどこまで広げ、深められるのかにチャレンジし続けたいですね。身に着けた知識を活用して、どんな凄いシステムを作って、お客様に喜んでもらえるのかにもチャレンジし続けたいです。前職では新しいスキルを身に着ける意欲が少々足らなかったせいで、現時点では最新のスキルセットに追いつくことが最優先です。後は、自分の経験を若い世代に伝えていくことにチャレンジしたいです。この業界はどうしても個人が孤立してしまう傾向があるので、そういう方をフォローしていきたいです。

  • 何年か前に買った大型バイクでのツーリング…と言いたいところですが、実は最近なかなかバイクに乗れていません。週末にボールドの部活動やサークル、その他の様々な活動へ顔を出していると、自然とそうなってしまいます。今ずっと取り組んでいることは、業務と離れたところでは英語の勉強です。感動大学でとある講師の英語講座を受けてから、英語を読むだけでなく、聞いて話せるようになりたいと思い、それ以来ずっと、細々とですが続けています。社内の英語サークルに参加しているのもその一環です。