Inteview松浦茉莉奈

システム開発

得意分野 : Java開発

スペシャリスト志向

2018年入社

  • ボールドに入社した理由を教えてください。

    モノづくりが好きなのでエンジニアになろうと決め、社長の発言の説得力と信頼性に惹かれて、ボールドに決めました。職業としては、幼少期からモノを作ることが好きで、それを仕事としても活かしたいと考えていました。そして、今の世の中でそれを最も活用出来るのが、IT業界だと思い、決めました。また会社選択は、就職活動を進めていく中で、様々な社員の話を聞き、この会社で大丈夫か不安になることが多々ありました。そんな中ボールドは、将来像や考え方がはっきりし、全て納得ができることをおっしゃっていました。そのため、ここなら大丈夫だと感じ、決めました。

  • "教える側として頼られる存在になりたい"

  • 入社してからのお仕事内容を教えて下さい。

    入社してから現在を含め、販売管理システムのJava開発と顧客情報管理システムのJava開発の2か所の現場に行かせていただきました。そして、そのどちらでもソースの改修・製造やテスト、設計を行わせていただいています。

  • ボールドの制度で一番のお気に入りは何ですか?

    勉強会です。複数ある中で学びたい技術だけを1度ではなく半年間受けることができる上、経験豊富な社員が講師ということで、技術的なこと以外に現場のことも聞くことができています。また、分からなかったことを帰社日など勉強会の日以外にも気軽に聞くことができるので、不明点はすぐに解消できます。さらに、一緒に勉強会を受けている社員同士でもサポートをし合うため、交流を深めることができています。

  • これまでで一番困難だったこと、またそれをどう乗り越えたのか教えてください。

    先輩や現場のリーダーさえも分からないエラーを解決しなければいけなかったことです。自分のタスクのソース改修だったのですが、エラーによって想定通りの表示ができずに苦戦していました。エラー調査を行い、ここだと思う原因を解決させていきましたが、なかなか上手くできなく先輩方に相談したのですが解決しませんでした。最終的に、1からすべてやり直して、1ステップずつ確実に動くことを確認しながら改修を進めることで、タスクを完了させることができました。

  • 今後どんなことにチャレンジしていきたいですか?

    今は教えていただく側がほとんどですが、今後は教える側として頼られる存在になりたいと思っています。日頃の業務や勉強会などを活用して、技術的な知識を増やすことはもちろんですが、先輩の行動の良い部分を真似たり感動大学に参加したりして、教え方やコミュニケーションの取り方なども学んでいこうと考えています。

  • 写真、動画の撮影や編集をすることが好きです。撮ることそのものも好きですが、自分が見たものをより詳細に共有することが出来たり、動画として残すことで思い出をより鮮明に残すことができるので、楽しいです!!