Inteview首藤祐司

システム開発

得意分野 :

スペシャリスト志向

2018年入社

  • ボールドに入社した理由を教えてください。

    エンジニアを目指したきっかけは、正直なところ明確にはないかもしれません。大学では林業を専攻していましたが、勉強内容に興味を持てず自分には合っていないとモヤモヤしていました。そんな時にプログラムに興味を持ち、Javaを勉強して、純粋に技術で勝負ができる職業もいいなと思いました。周りは県庁に就職するのが一般的だったので不安はありましたが、自分でやりたいと思ったことを無視する後悔は絶対に嫌だったので、3年間でも挑戦してみようとエンジニアを志しました。ボールドを選んだ理由は、自己研鑽の環境が整っているからです。未経験からエンジニアになるということでハンデを埋め合わせるために、働きながら有料スクールに通う覚悟でいました。それを制度や社風で享受できる環境があるので、迷いは無かったです。

  • "「やらない」後悔だけは
    したくない"

  • 入社してからのお仕事内容を教えて下さい。

    Low Code Platformという先端ツールを実機検証しています。このツールは海外で普及していて、あまりコードを書かずにGUIの直感操作でシステムが作れることを強みとしています。しかし、まだ日本では広がっていないため、このツールで「できること」「できないこと」を自分で検証して、分からないことは国内代理店に聞いて、分かったことは資料に纏めるのが主な業務です。大手Sierのプロジェクトに身を置いているのですが、そのプロジェクトは新しいビジネスモデルや開発プロセスを生み出すことを目指しています。その中でLow Code Platformを検証する必要性が出てきたため、自分が実機検証することになりました。プロジェクトで考えることが変われば、今後の業務も大きく変わるため、業務の移り変わりも激しい現場です。

  • ボールドの制度で一番のお気に入りは何ですか?

    コーチ制度です。1ヵ月に1回面談があり、半年で達成する目標の進捗具合に対してフィードバックが貰えます。人間誰しも弱い生き物で、「頑張ろう」と思っても努力することが難しかったりします。その弱さに対処するために、モチベーションの管理が重要で、コーチ制度がその役割を担ってくれています。自分が頑張ればコーチが喜んでくれるたり、より良いアドバイスを受けられるため、自分の努力が自分だけのものでは無くなり「もっと頑張ろう」と思えるのが魅力です。さらに、人生経験豊富な人がコーチとして選ばれているので、アドバイスも糧になるものが多いです。

  • これまでで一番困難だったこと、またそれをどう乗り越えたのか教えてください。

    先に書きましたが、海外で普及しているツールのため、操作方法を調べる際にも知りたい情報がほとんどありませんでした。ある時、データベースから取得した値の抽出方法を調査していたのですが、1週間経ってもそのやり方が分からずプレッシャーで押し潰されそうになっていました。そのツールはコーディング技術をあまり必要としませんが、やり方のヒントを得るために、プログラミング言語(Java)の基礎を勉強して、「こうするのはどうだろう」と休日にも頭の中で試行錯誤することにしました。すると、精神的に限界だと感じる直前で、正しいやり方に辿り着くことが出来ました。その時に得られた出力結果は「3」と「62」の2つの数字ですが、あまりの感動で、今では自分のラッキーナンバーです。

  • 今後どんなことにチャレンジしていきたいですか?

    今は新しいビジネスモデルや開発プロセスを考える上流工程の中にいますが、自分は技術で勝負していく下流工程のスペシャリストに憧れてこの業界を選びました。そのため、やはりシステムの製造に関われる下流工程の業務にチャレンジしたいです。現場レベルのコーディング技術は難易度が高く、机上の勉強とはレベル感が全く異なります。しかし、いつか製造の現場に入るチャンスが来たらその機会を掴み取れるように、日々プログラミングの勉強を続けていきたいと考えています。エンジニアを志したきっかけにも書きましたが、「やらない」後悔だけはしたくないので、自分の目標にベクトルを向けて、小さな努力を積み上げていきたいです。

  • お酒を飲むことが好きです。お酒自体も好きですが、飲み屋の雰囲気や、メニューを開いた時のわくわく感が良いですね。大衆チェーンの居酒屋で安定のサービスを受けたり、時には路地裏のちょっと変わったお店に行ってみたりと、色々な楽しみ方が出来るのが魅力だと思います。フットサルや運動会といったボールドのイベントにも参加しますが、自分はその後の懇親会を一番楽しみにしています。「美味しいお酒を飲むためにフットサルを頑張る」という考えの上で、ボールを追いかけているんです。お酒は専らビール派ですが、飲み過ぎて通風になるのは格好悪いので、最近はプリン体の少ないワインを嗜んでいます。自分もおじさんの考え方に近づいてきたと感じる今日この頃です。