Inteview細谷明男

インフラ

得意分野 : AWS、WindowsServer

スペシャリスト志向

2014年入社

  • ボールドに入社した理由を教えてください。

    就活サイトへ登録したところオファーを頂き、面接を受けることになりました。選考のスピード感や面接での澤田さんの熱意、我々社員の成長の延長線上に会社の成長があると考えていること、全社員が帰社するBoldayなど、それまでには考えていなかった会社像に興味がわきました。無事選考に合格して入社すると社員の熱量が高く、その場に居るだけで自然と挑戦していく体質・思考に変化していきました。それまでは資格取得や自己体験の共有、後輩への指導など考えることもありませんでしたが、今では自分の大半がそれらに占められています。

  • "越えられない壁は超える必要のない壁"

  • 入社してからのお仕事内容を教えて下さい。

    ボールドに入って最初に対応した顧客では金融業のアプリケーション実行基盤の設計・構築業務でした。Webサーバの流量設計、性能設計、複数面ある開発環境のリソース管理、メインフレームとの接続や、ベンダサイドでの就業であったためパッケージソフトウェア開発部へ直接交渉して改修指示するなど、それまで経験してこなかったことの連続でした。思考を止めず達成できる方法を考えぬくことで円滑なスタートインを導くことができました。製品知識、システム構造の知識などはもちろんのこと、先行してシステムについて考え抜いておくことで大規模の会議でも臆することなく発言することができました。先を読む力が養われたんだと思います。

    次の現場(今の現場)ではお客様は金融・食品・工業・インフラと多種多様な対応が求められます。自分は大規模案件には参画していませんが(同僚は大規模案件にも参画しています)、オンプレ、クラウド問わず提案・要件定義・設計・構築と最初から最後まで対応することができています。中でもクラウドはお客様のクラウド環境スタートインから提案を行うことが多く、お客様システム全体の設計を経験することができています。コスト削減が目に見えて結果として現れることも多く、お客様から成果の報告を直接伺うことも少なくありません。またお客様からの信頼を勝ち得たことで、次の案件、次の案件と連続することが多く、常時複数案件を対応することが求められています。高い品質、短い納期を実現するために、新規構築案件として扱うのではなく、運用メニューとしてパッケージを作成するなどの工夫を行っています。お客様の意見を聞いて、改善提案を行い、自ら案件として成立させることを経験することができました。

  • ボールドの制度で一番のお気に入りは何ですか?

    一番のお気に入りはボールデイです。ボールドの本気が感じられるからです。このご時世に全社員が毎月集まる会社なんて見たことがありません。社員数が500人になろうとしていて、収容できる場所がなくなろうとしています。それでも部署ごとに日程を分けたりしようとはせず、どうにかして集まれないかを考えているんです。

  • これまでで一番困難だったこと、またそれをどう乗り越えたのか教えてください。

    困難というものは今その時に面している困難が一番の困難であると思います。突然先輩や同僚が居なくなり一人でプロジェクトを回さなければならなくなったり、毎週一マス目に戻るプロジェクトであったりと様々な困難に遭遇してきました。毎回腐らず逆境を楽しみ、ポジティブに解決方法を考え、友人に助けられくぐり抜けてきました。越えられない壁は超える必要のない壁なのかもしれません。

  • 今後どんなことにチャレンジしていきたいですか?

    今後ではないのですが、技術勉強会(WindowsServer,AWS勉強会)の講師を行っています。以前に参加した社外のIT勉強会で、ある分野において資格を取得することは80%の理解である。それ以上の理解を求めるためには、ヒトへ指導することで高めることができると学びました。実際に、自分で勉強して理解する内容とメンバーへ指導するために勉強して理解する内容とで濃度が違うことがわかりました。観点がより多様化していったのです。それまでは自分が今対面している課題に対しての知識に留まっていたのですが、メンバーに指導する場合は、何故その機能が必要になるのか、どんな時にその機能を利用するのかなど考えるようになりました。結果、普段の業務でも少し身勝手で説明が乏しかったポイントに対して、簡潔に説明を追加することができるようになったと思います。自分も、メンバーも共にスキルアップしていくようなサイクルを目指して、これからも勉強会に尽力していきます。

  • 毎年家族と旅行に行っています。家内と二人だったり、自分の両親、家内の両親とだったりしますが、毎年どこかしらに行くようにしています。仕事を忘れリフレッシュはもちろんですが、日々の生活では経験できないことをすることで、仕事の解決方法に幅が広がっている気がします。風景、夜景の写真を撮ったり、魚釣りをしたり、ダイビングを再開したりしています。