• 企業文化

  • 株式会社ボールド
ITエンジニアアウトソーシングのボールド > 企業文化 > 帰社日制度・社員部活動

帰社日制度・社員部活動

社員の「人間力」を向上する月列の帰社日制度「BOLDay」

顧客満足向上の成果を可視化して共有、全社的な「人間力」向上につなげます

BOLDay は全社員が集い「人間力」を共に考える時間です。社長や役員も例外ではありません。1つの課題に対して顧客満足と自己の成長に必要な創造的アプローチを検証します。BOLDay は個人の意識改善、向上に留まらず「個」に陥りがちな ITエンジニアアウトソーシングの特定派遣において帰属意識を育み、お客さまに対し常に高いパフォーマンスと成果を提供します。

人間力x技術力

月例の帰社日制度「BOLDay」は普段、チーム別でお客さまのもとに出向している全社員が集まり、会社としての成果と課題を共有します。また月ごとのテーマで行われるディスカッションは自己研鑽の大切な時間になっています。

課題解決に全員で取り組みます
グループに分かれてディスカッションをスタート。異なる立場の社員が意見を合わせて答えを導きます。
創業から続く BOLD AWORD
ボールドが創業から大切にしている評価制度の集大成が年次表彰の BOLD AWORD です。可視化された評価制度は業務の質向上に寄与しています。

社員の「帰属意識」を育む社員部活動

ITエンジニアアウトソーシングだからこそ「組織力」を大切にしています

帰社日制度「BOLDay」が心を、スキルアップ制度が技をつくるものだとすれば、社員部活動やレクリエーションは組織のまとまり、体を育むものだと言えます。お客さまのもとにチームとして派遣される社員だからこそ、組織人としてボールドへの帰属意識と責任を大切にしています。

活発な社員部活動
正規登録された部活動に対しては、奨励金を支給し社員の自発的な活動を支援しています。
レクリエーション
3ヶ月に一度コミュニケーションの活性化を目的としたイベントを行っています。

ページの先頭へ戻る